雪道

車を知る~車の知識

雪道の走り方

 
カテゴリー
車の運転の不安解消!日常走行のテクニック
雪道の走り方(首都圏の雪に慣れていないドライバーの為に)
雪が降って道路に積もれば、走る車は滑ります。それは誰でも困るので、タイヤチェーンを装着したり、コンフォートタイヤからスタッドレスタイヤに取り換えたりして滑らないような対策をするのが基本です。ここで間違ってはいけないのは、タイヤチェーンの装着やスタッドレスタイヤにすれば、大丈夫だと思って過信してしまう事です。
タイヤチェーンやスタッドレスタイヤを装着することで、車は決して滑らなくなる訳ではありません。
とりあえず最低限、その車が走行できるような状態になるだけなのです。
そのことを踏まえて、以下に記した準備や対策を、参考にして頂ければと思います。また首都圏で雪が降った時と雪国では違いがあります。

雪が降った時の準備
●滑り止め
一昔前は雪といえばスパイクタイヤが常識でしたが、粉塵公害や道路を壊すなどのデメリットが問題になり今では使用できません。現在の冬用タイヤはスタッドレスですが以前のスパイクタイヤと比べるとその性能は劣ります。
滑り止めにはスタッドレスタイヤと、タイヤチェーンがありますが、雪が多く降り積もる地域を常に走る車なら、季節に応じて夏用タイヤと冬用タイヤを使い分けることになりますが、雪がほとんど積もらない地域に暮らす人にとってはタイヤの交換まではしないのが普通です。
しかし雪の降る可能性がある場所に行く時や、予想もしない雪が降り積もった時に頼りになるのがタイヤチェーンです。金属製の安価な物から、少し高価ですが乗り心地や走行性能に優れた、ゴム製や樹脂製の物までさまざまな種類があります。購入時には必ずタイヤサイズに合ったものを選ぶ必要があります。
車を頻繁に使用している人はぜひ準備しておきたいものです。またタイヤチェーンは出かける前に装着の練習をしておきましょう。 練習することで不具合なども事前にわかるし、雪道の実際の場面での装着はスムーズになるはずです。
●金属チェーンの装着
乗用車にチェーンを装着する場合は、普通はジャッキアップして行います。ジャッキアップしないでも装着は出来ますが、乗用車はタイヤハウス内が狭いので作業をするのに手が入りにくいためです。
チェーンの装着は左右の駆動輪に、FRならば後輪、FFならば前輪に、4輪駆動の場合は前輪か後輪かを取扱説明書で、メーカーから指定されている場合が多いのでそれに従います。分からない場合は前輪に装着するのが良いでしょう。
まずジャッキアップして、手が入るスペースが確保できたら、チェーンを広げてタイヤの上からかぶせます。下になった両端のフックを引っ掛けて、ゆるまないようにバンドでしっかりと止めて装着します。タイヤハウス内のスペースが十分にあるSUVやトラックなどは、ジャッキアップしないでも装着できます。
●持っていると役に立つもの 
ブースターケーブル バッテリーがあがった場合の応急処置に必要です。
牽引ロープ 脱輪やスタックした時に、他のクルマに引っ張ってもらうために、あると重宝します。
アイスクレーバー 車に積もった雪を取り除くために使います。
解氷スプレー 凍った時の鍵穴やワイパー、窓ガラスなどにいろいろと役に立ちます。
他に軍手、ゴム手袋、長靴、懐中電灯など。

首都圏で雪が降った時の注意
●車間距離を十分とる
雪道を走る基本として、まずは車間距離を十分にとる事です。車間距離を十分にとる事で、路面の状況を把握したり、次の対応に時間的余裕が出来ます。
●急の付く動作はしない
雪道では急発進、急ブレーキ、急ハンドルは厳禁です。
●路面の状況を判断する
路面の状況は刻々と変化します。アイスバーン、シャーベッド、圧雪、路面凍結など、それぞれ違う性質を持っています。いちばん危険なのは路面の凍結です。
●橋や高架橋に注意する
他の道路は雪が解けていても、橋や高架橋は解けない場合があります。また、解けても翌日の朝には凍結して非常に滑りやすくなり、知らずに走行すると事故を起こす危険が高まります。
●雪道の上り坂はなるべく避ける
雪が降った時の坂は注意が必要ですが、特に首都圏では上り坂でのトラブルが多いのです。とにかく坂を上れない車が続出します。自分はチェーンを巻いたから、または冬用タイヤを履いたからといって、このような場所に安心して行ってはいけません。自分は注意していてもトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
●ABSは付いていると安心
雪道の走行ではABSは、安全面で抜群の性能を発揮しますが、これらを過信して無理な運転をしないようにしましょう。
●自分の車の駆動方式の特性を知る
4WD車 発進するときや坂を登る時などは、抜群の性能を発揮しますが、ブレ-キング時やコーナーリング時の性能は、他の駆動方式の車より優れている訳ではありません。
FF車 前輪駆動のため下り坂のエンジンブレーキには注意が必要です。特にコーナーリングではスピンしやすくなります。
FR車 駆動輪に荷重がかかっていないために滑りやすくなります。特に上り坂に弱く、道路に雪が積もった時は普段は目立たない緩やかな登り坂でもまったく上れなくなります。雪道には向いていません。

車の運転の不安解消!日常走行のテクニック
教習所ではここまで教えてくれない初心者のための実践テクニック
ハザードランプの使い方 車線の選び方
カーナビゲーションの使い方 車線変更の仕方
子供の乗せ方に注意! 交差点の右折の仕方
走行速度と車間距離 交差点の通過の仕方
カーブの走り方 ETCシステム利用の仕方
高速道路について 高速道路への入り方
本線車道の走り方 その他高速道路で注意すること
MT車の乗り方 雨の日の運転
ガソリン代を節約する運転の仕方 車の冬支度(早めの寒さ対策)
セルフ式ガソリンスタンドの利用 雪が降った時の走り方
AT車の乗り方 ドライブレコーダーの活用

車のタイプを知る[Top]
カタログを理解する(5)
エクステリアを知る(12)
インテリアを知る(7)
エンジンを知る(8)
変速システムを知る(3)
ブレーキを知る
サスペンションを知る
タイヤに関する知識(2)
ホイールの知識(4)
車の安全装備を知る(3)
省エネと環境対策(5)
車にかかる税金
車の保険を理解する(1)
車の車検について(1)
役に立つ豆知識

メンテナンス
オイル&フルードの種類
エンジンオイルの
点検と交換
ラジエーター液の
点検と交換
ブレーキフルードの
点検と交換
ATフルードの
点検と交換
トランスミッション
オイルの交換
ディファレンシャル
ギアオイルの交換
パワーステアリング
フルードの点検と交換
バッテリーの点検と交換
エアクリーナーの交換
点火プラグの交換
タイヤの点検と交換
ブレーキパッドの交換
ワイパーブレードの
点検と交換
トラブルの対応

 参考資料(道路標識)
規制標識
指示標識
警戒標識




Copyright (C) 車を知る~車の知識 All Rights Reserved