点火プラグ

車を知る~車の知識

点火プラグ

 
カテゴリー
車のメンテナンス
点火プラグの交換
点火プラグの役割
ガソリンエンジンは、高圧電気を点火プラグに送り、放電による火花を作り出して燃料に着火しています。放電を起こす部分を電極といいますが、着火を行う際に電極は強い衝撃を受け、次第に消耗していきます。消耗すると着火が遅れたり燃焼に勢いがなくなり、エンジンの性能が低下します。燃焼状態が悪くなるとカーボンなどが付着し、さらに火花が弱くなり、失火(着火ミス)が起こってエンジンが不調になります。
電極は細く尖らせた方が火花が強く飛びやすくなりますが、細くするほど衝撃に弱くなります。そこで高温に強く耐久性も高い素材として白金(プラチナ)が使われるようになりました。また、電極を細くすることが可能なイリジウム合金も採用されています。
点火プラグの寿命と交換
白金プラグやイリジウムプラグは、耐久性が高いうえ、電極を細くできるので火花が強くなり、エンジンの性能がよくなります。電極が高温になることで汚れなどを焼きつくしてしまう自浄作用も高く、寿命が長くなり、整備の手間も減ります。
そのため寿命は10万km走行で、その間点検を行う必要もありません。しかし、白金プラグやイリジウムプラグは、標準プラグに比べると高価であるため、すべての車種に採用されているわけではありません。
ニッケル合金を電極に用いたノーマルプラグを採用している車も多くあります。
この場合の寿命は2万km~3万km走行と考えるべきです。これ以上走行しても、すぐにエンジンが不調になるわけではありませんが、燃費の悪化やパワーダウンは少しずつ起こってきます。交換はプラグレンチがあれば自分でも簡単に出来ます。




車の運転の不安解消!日常走行のテクニック
教習所ではここまで教えてくれない初心者のための実践テクニック
ハザードランプの使い方 車線の選び方
カーナビゲーションの使い方 車線変更の仕方
子供の乗せ方に注意! 交差点の右折の仕方
走行速度と車間距離 交差点の通過の仕方
カーブの走り方 ETCシステム利用の仕方
高速道路について 高速道路への入り方
本線車道の走り方 その他高速道路で注意すること
MT車の乗り方 雨の日の運転
AT車の乗り方 車の冬支度(早めの寒さ対策)
セルフ式ガソリンスタンドの利用 雪が降った時の走り方
ドライブレコーダーの活用 ガソリン代を節約する運転の仕方

車のタイプを知る[Top]
カタログを理解する(5)
エクステリアを知る(12)
インテリアを知る(7)
エンジンを知る(8)
変速システムを知る(3)
ブレーキを知る
サスペンションを知る
タイヤに関する知識(2)
ホイールの知識(4)
車の安全装備を知る(3)
省エネと環境対策(5)
車にかかる税金
車の保険を理解する(1)
車の車検について(1)
役に立つ豆知識

メンテナンス
オイル&フルードの種類
エンジンオイルの
点検と交換
ラジエーター液の
点検と交換
ブレーキフルードの
点検と交換
ATフルードの
点検と交換
トランスミッション
オイルの交換
ディファレンシャル
ギアオイルの交換
パワーステアリング
フルードの点検と交換
バッテリーの点検と交換
エアクリーナーの交換
点火プラグの交換
タイヤの点検と交換
ブレーキパッドの交換
ワイパーブレードの
点検と交換
トラブルの対応

 参考資料(道路標識)
規制標識
指示標識
警戒標識

Copyright (C) 車を知る~車の知識 All Rights Reserved