オイル&フルード

車を知る~車の知識

オイル&フルード

 
カテゴリー
車のメンテナンス
オイル&フルードの種類
車にはさまざまなオイルやフルードなどの液体が使われています。フルードとは流動体という意味があり、液体や気体を総称するものです。これらの液体は車を使っていると劣化していくものが多く、定期的な交換が必要になります。劣化の進み具合はそれぞれ違うので、最適な交換時期を見極める必要があります。また、バッテリー液やウォッシャー液のように交換しないで補充するものもあります。これらの液は水が主成分であることが多く、液と呼ばれています。ラジエーター液もその中の一つです。

種類 役割
●エンジンオイル
点検と交換
いちばん大きな役割はエンジン内部の潤滑作用ですが、他にも冷却作用や防錆、清浄、機密、緩衝作用などがある。
●ATフルード
点検と交換
オートマチックトランスミッションの潤滑作用のほかにトルクコンバーター内での動力の伝達や変速制御機構部での油圧の伝達、その他にも防錆作用や緩衝作用も果たしている。ATFと略されることも多い。
●CVTフルード
点検と交換
ATフルードと同じような使い方をされているが、ATフルード以上に酷使されているので、交換時期を指定されていることが多い。
●トランスミッションオイル
オイルの交換
マニュアルトランスミッションに使われ、内部の部品の潤滑が主な役割であるため、ATのようなフルードとは呼ばれずオイルと呼ばれている。また、エンジンオイルと同じように防錆作用や緩衝作用も果たしている。
●ディファレンシャルギヤ
オイル

デフオイルの交換
FR車と4WD車にあるディファレンシャルギヤ(デフ)の潤滑作用、防錆作用、緩衝作用などを果たしている。
●ブレーキフルード
点検と交換
ブレーキペダルを踏んだ時の力を油圧に変えて、各車輪のブレーキ本体に伝える役割を果たす。
●パワーステアリングフルード
点検と交換
パワーステアリングはエンジンの回転を利用してポンプで油圧を発生させ、ハンドル操作に応じて油圧をステアリングシステムに作用させてアシストをする。その油圧の伝達に利用されているのがパワーステアリングフルードです。パワステフルード、PSFと略されることも多い。また、歯車などの潤滑作用も果たしている。
●ラジエーター液
点検と交換
冷却装置のウォーターポンプによって強制的にエンジン内部を循環し、エンジンを冷却しています。冷却液や冷却水とも呼ばれています。
●バッテリー液
バッテリーの点検と交換
バッテリー液は希硫酸が主成分で、電極に使われている2種類の金属と化学反応を起こし、電気を蓄えたり放出したりしている。
●ウォッシャー液
ワイパーの点検と交換
雨の日はもちろん、それ以外でも泥跳ねなどでウインドウが汚れたときに、ワイパーとともに噴射してクリーニングする。



車の運転の不安解消!日常走行のテクニック
教習所ではここまで教えてくれない初心者のための実践テクニック
ハザードランプの使い方 車線の選び方
カーナビゲーションの使い方 車線変更の仕方
子供の乗せ方に注意! 交差点の右折の仕方
走行速度と車間距離 交差点の通過の仕方
カーブの走り方 ETCシステム利用の仕方
高速道路について 高速道路への入り方
本線車道の走り方 その他高速道路で注意すること
MT車の乗り方 雨の日の運転
AT車の乗り方 車の冬支度(早めの寒さ対策)
セルフ式ガソリンスタンドの利用 雪が降った時の走り方
ドライブレコーダーの活用 ガソリン代を節約する運転の仕方

車のタイプを知る[Top]
カタログを理解する(5)
エクステリアを知る(12)
インテリアを知る(7)
エンジンを知る(8)
変速システムを知る(3)
ブレーキを知る
サスペンションを知る
タイヤに関する知識(2)
ホイールの知識(4)
車の安全装備を知る(3)
省エネと環境対策(5)
車にかかる税金
車の保険を理解する(1)
車の車検について(1)
役に立つ豆知識

メンテナンス
オイル&フルードの種類
エンジンオイルの
点検と交換
ラジエーター液の
点検と交換
ブレーキフルードの
点検と交換
ATフルードの
点検と交換
トランスミッション
オイルの交換
ディファレンシャル
ギアオイルの交換
パワーステアリング
フルードの点検と交換
バッテリーの点検と交換
エアクリーナーの交換
点火プラグの交換
タイヤの点検と交換
ブレーキパッドの交換
ワイパーブレードの
点検と交換
トラブルの対応

 参考資料(道路標識)
規制標識
指示標識
警戒標識

Copyright (C) 車を知る~車の知識 All Rights Reserved