天然ガス

車を知る~車の知識

天然ガス車

 
省エネと環境対策>天然ガス車
低公害車
天然ガス自動車
仕組み 参考:独立行政法人環境再生保全機構
天然ガス自動車は、天然ガスを燃料としたエンジンによって走行する自動車で、天然ガ
スの貯蔵方法によって分類されますが、現在、世界各国で利用されているほとんどの天
然ガス自動車はCNGと呼ばれる、天然ガスを気体のまま高圧(20MPa)でガス容器に
貯蔵するタイプで、日本の場合も全てCNG自動車です。
また、燃料の供給方法によって天然ガス専用車と2系統燃料車に分けられます。
天然ガス専用車にはガソリンエンジンがベースの車とディーゼルエンジンがベースの車
があり、2系統燃料車には天然ガス/ガソリン及び天然ガス/LPGといった2種類の燃
料のどちらでも走行が可能なバイフューエル車と天然ガス+軽油といった混合燃料の使
用可能なタイプのデュアルフューエル車があります。

特徴
窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)などの排出量は低く抑えられるほか、硫黄酸化物(SOx)や粒子状物質(PM)はほとんど排出されないので、排出ガスがクリーンです。天然ガス自動車はガソリン車と比較して、走行性能は同等で二酸化炭素(CO2)の排出量は20%~30%低減できます。また、天然ガスは石油とは異なり中東に偏ることなく、世界各地に存在しているので安定した供給ができます。

問題点
1回のガス充てんで走行できる距離が短いが、最近では、ガス容器の軽量化により搭載本数が増え、ガソリン車との走行距離に差がなくなりつつあります。また、天然ガスの供給スタンドが現在のところ限定されていますが、毎年40ヶ所以上のペースで増加しています。

安全性については
燃料供給系には安全装置が取り付けられている他、重要な部品は衝突した場合に直接損傷しないような場所に設置されています。また、火災の場合にはガス容器元弁の安全弁が作動し、ガスは安全に大気中に放出され、圧力上昇に伴うガス容器の破裂は起こりません。また、放出されたガスも着火しないで速やかに上空に拡散します。

購入するには
基本的には一般車と同様に販売店(代理店)で購入することができます。購入に際しては、発注から納入までに一定の期間が必要となり、早いものは数週間ですが、長い場合は1~2ヵ月かかるものもあります。




車の運転の不安解消!日常走行のテクニック
教習所ではここまで教えてくれない初心者のための実践テクニック
ハザードランプの使い方 車線の選び方
カーナビゲーションの使い方 車線変更の仕方
子供の乗せ方に注意! 交差点の右折の仕方
走行速度と車間距離 交差点の通過の仕方
カーブの走り方 ETCシステム利用の仕方
高速道路について 高速道路への入り方
本線車道の走り方 その他高速道路で注意すること
MT車の乗り方 雨の日の運転
AT車の乗り方 車の冬支度(早めの寒さ対策)
セルフ式ガソリンスタンドの利用 雪が降った時の走り方
ドライブレコーダーの活用 ガソリン代を節約する運転の仕方

車のタイプを知る[Top]
カタログを理解する(5)
エクステリアを知る(12)
インテリアを知る(7)
エンジンを知る(8)
変速システムを知る(3)
ブレーキを知る
サスペンションを知る
タイヤに関する知識(2)
ホイールの知識(4)
車の安全装備を知る(3)
省エネと環境対策(5)
車にかかる税金
車の保険を理解する(1)
車の車検について(1)
役に立つ豆知識

メンテナンス
オイル&フルードの種類
エンジンオイルの
点検と交換
ラジエーター液の
点検と交換
ブレーキフルードの
点検と交換
ATフルードの
点検と交換
トランスミッション
オイルの交換
ディファレンシャル
ギアオイルの交換
パワーステアリング
フルードの点検と交換
バッテリーの点検と交換
エアクリーナーの交換
点火プラグの交換
タイヤの点検と交換
ブレーキパッドの交換
ワイパーブレードの
点検と交換
トラブルの対応

 参考資料(道路標識)
規制標識
指示標識
警戒標識


Copyright (C) 車を知る~車の知識 All Rights Reserved