子ども

車を知る~車の知識

子供の乗せ方

 
カテゴリー
車の運転の不安解消!日常走行のテクニック
子供の乗せ方に注意!
チャイルドプルーフロック機能を利用して子供を守る
子供は大人が想像もできないような行動をすることがあります。子供を乗せていて最も
危険なことは走行中にドアを開けてしまうことです。また、ウインドウから身を乗り出
したりすることも危険です。こうしたことをさせないために、多くの車にはチャイルド
プルーフロックという機能が備わっていて、走行中にドアを開けられなくすることがで
きます。また、パワーウインドウのロック機能を使えば窓も開けられなくなります。

子供の乗り降りの際には大人が指導する
子供が絡んでのドアの開け閉めによる事故は意外に多く注意が必要です。子供は周囲の状況も確認せずにドアを開閉します。路上で停車中などに右側のドアを大きく開けてしまったら、後続車がぶつかってしまったり、それを避けるために事故を起こしてしまうこともあります。スライドドアではこうした危険性はなくなりますが、子供の飛び出しが危険です。こうした事故を避けるためには、子供にドアの開け閉めをさせなくするか大人がちゃんと見ている前で開閉させるようにすることが最も安全です。
また、スライドドアやバックドア、トランクなどがきちっと閉まっていない場合に、自動的に閉めきる「オートクロージャー」という便利な機能がありますが、この機能を知らないと指などを挟むケースがあります。一言、注意を呼び掛けましょう。

子どもだけを車に残してはいけません!
これまでに何度も事故が起きているにも関わらず無くならないのが、子供だけを車に残
しておくことです。これはどんなに短時間であっても厳禁です。炎天下などはもちろん
気温に問題は無くても子供はどんないたずらをするか分かりません。また、車両盗難や
誘拐などの犯罪に巻き込まれる可能性もあるのです。事故や災難はほんの一瞬で起こっ
ています。日頃から隙を見せないことが重要です。

チャイルドシートはしっかりと固定する
チャイルドシートは6歳未満の乳幼児に使用が義務付けられていますが、正しく使用し
ないと意味がありません。チャイルドシートは確実に固定されていないと、急ブレーキ
程度でも大きく動いたり外れたりして子供に危険が及びます。また、シートが確実に子
供をホールドできていないと、事故の際にベルトで子供が圧迫されたり、飛び出したり
します。これらのことも取扱説明書をしっかり読んで確認する必要があります。

チャイルドシートはリヤシートに取り付ける
チャイルドシートを助手席に取り付けた場合、万一事故の際にエアバッグが作動し、子
供が圧迫される危険性があります。エアバッグの問題がないとしても、やはり助手席は
リヤシートに比べると危険度が高まります。チャイルドシートは必ずリヤシートに取り
付ける必要があります。



車の運転の不安解消!日常走行のテクニック
教習所ではここまで教えてくれない初心者のための実践テクニック
ハザードランプの使い方 車線の選び方
カーナビゲーションの使い方 車線変更の仕方
子供の乗せ方に注意! 交差点の右折の仕方
走行速度と車間距離 交差点の通過の仕方
カーブの走り方 ETCシステム利用の仕方
高速道路について 高速道路への入り方
本線車道の走り方 その他高速道路で注意すること
MT車の乗り方 雨の日の運転
ガソリン代を節約する運転の仕方 車の冬支度(早めの寒さ対策)
セルフ式ガソリンスタンドの利用 雪が降った時の走り方
AT車の乗り方 ドライブレコーダーの活用

車のタイプを知る[Top]
カタログを理解する(5)
エクステリアを知る(12)
インテリアを知る(7)
エンジンを知る(8)
変速システムを知る(3)
ブレーキを知る
サスペンションを知る
タイヤに関する知識(2)
ホイールの知識(4)
車の安全装備を知る(3)
省エネと環境対策(5)
車にかかる税金
車の保険を理解する(1)
車の車検について(1)
役に立つ豆知識

メンテナンス
オイル&フルードの種類
エンジンオイルの
点検と交換
ラジエーター液の
点検と交換
ブレーキフルードの
点検と交換
ATフルードの
点検と交換
トランスミッション
オイルの交換
ディファレンシャル
ギアオイルの交換
パワーステアリング
フルードの点検と交換
バッテリーの点検と交換
エアクリーナーの交換
点火プラグの交換
タイヤの点検と交換
ブレーキパッドの交換
ワイパーブレードの
点検と交換
トラブルの対応

 参考資料(道路標識)
規制標識
指示標識
警戒標識


Copyright (C) 車を知る~車の知識 All Rights Reserved